【お客様の声(バッチフラワーレメディ)】「自分が心地いいと感じること」が何なのかがわかった。

《バッチフラワーレメディ・コンサルテーションのご感想》

フラワーエッセンスに対して、最初は本当に効果があるのかどうか疑心暗鬼だった。
しかし、飲み始めて3週間を過ぎた頃その効果を感じ始め、エッセンスを継続して使い続けてみようという気持ちが湧いてきた。

テーマは、仕事と家事や子育ての両立。
仕事に関して、今の仕事はやりがいもあり日々充実しているのだが、他にも自分がやってみたいことやできることがあるのではないかと、仕事の方向性に対して揺れる気持ちがあった。
責任のある仕事を任せられることで勤務時間が長くなってしまうのだが、子どもとの時間も大切にしたいという気持ちもある。
仕事のスタイルと子育てとの間で、精神的にも時間的にもいつもギリギリな感じで日々を過ごすなか、食事は毎日手作りし、家事もこなしながら、子どもたちの健康を守るためにも生活リズムをできるだけ崩さないようにしている。

しかし、「母親として自分はできていない、もっと頑張らなければならない」と思ってしまう。
それは実の母親が理想像としてあり、それに完璧にそぐわないと「自分はダメだ」といつも感じてしまう。

エッセンスを飲んでいて、「自分が心地いいと感じること」が何なのかがわかった。
それは得られた効果で一番大きな気づきかもしれない。
エッセンスを摂っている間、たまたま仕事で研修があり、職場の方針や仕事の意義を再確認したことで仕事に対する姿勢が以前よりも一層前向きになり、仕事に関して迷っていた気持ちが薄れてきた。それも合わせて、自分の中で何かが「つながった」ような、ストンと腑に落ちる感覚があった。

 

自分に対して厳しく、仕事も家事も子育てもすべて完璧にこなそうとしていたが、エッセンスを摂るうちに自分の心の中の会話に変化があり、できないことがあっても「まあいっか」と思えるようになった。

いつもならイライラするような場面でも、心穏やかに自分を客観的に見ることができたり、物事を楽観的にとらることができた。