Hello, 2020

新年が明けてしばらく経ちました。

1年の始まりは新暦では1月1日ですが、旧暦では立春である2月初旬。今年の立春は2月4日です。私の誕生日が立春の直後ということもあり、実際の始まりの雰囲気が出てくるのはいつも2月。

というわけで、お正月からの1ヶ月間は次の新たな始まりに向けての準備期間。お正月の行事をしながら休暇をとり、じっくりと時間をかけて人生のビジョンを見直したり、日記を読み返しながら昨年の振り返りと今年の計画を練り、ガソリンを満タンにしていきます。エネルギーを循環させ、自分のペースで進み続けるために、大切にしていることです。

今年一年も健康でありますように、と祈りを込めながら作ったおせちを家族でいただきました。そしてエコの観点から、箸袋の水引きを結ってみようと思いつきました。日本の文化の良さに改めて開眼。初詣へ参り、そして大好きなお餅つきも。いつも通っている自然食品店、酒屋さん、子育てのコミュニティなど、お餅が好きすぎて各所3回もお餅イベントに参加しました。(そういえば結婚式でもケーキカットではなく、お餅つきをして振る舞ったことを思い出します・・)このみんなでワイワイする行事がとても楽しいのです。

暦生活では年末から引き続き色々やることが盛りだくさんです。七草粥を炊き、鏡開きをして、ぜんざいをいただきました。このぜんざいを食べると、お正月も終わり。天然酵母のパンを焼いたり、オレンジピールを作ったり、手仕事をしたりと、冬の季節のおこもり仕事にも精を出しました。

そして久しぶりにスキーをしに雪山へ。雪景色がとても美しかったです。冬の白い景色の中を風を切って滑り降りることは、海の中に潜ったときの心の無音状態と同じだと気がつきました。私にとって、スキーは瞑想。呼吸が楽に深くなるのです。息子もとても楽しんだようで何より。スキーを一緒にするなか、「学び方」について一考したいことが出てきたので、これはまた改めて書きたいと思います。

今年の私のテーマは、「器をつくる」。もちろんこれは比喩的な意味ですけれども。人々の健やかさと幸せのために、黙々と自分の務めを果たしたいです。

今年もどうぞよろしくお願いします。