PROFILE

秋山 真理子

Mariko Akiyama

 

植物療法家
ナチュラルレメディスクール フランフルール代表

ホリスティックヘルス(心・からだ・魂の全体的調和)の観点に基づくハーブ療法、アロマセラピー、フラワーエッセンス療法を研究。クリエイティブな暮らしや女性と子どものセルフケアを中心に、ハーブを活用したホリスティック・ヘルスケアを実践。

個人のヘルスマネジメントのサポート、講座の開催、WEBメディアでの執筆などを通じて、古来の英知であるハーブを現代における健やかで自分らしい人生を実現するための生き方・ライフスタイルとして伝承する活動をおこなう。

 

【バイオグラフィー】

暦と日本の風習を重んじる家庭で育つ。

子どもの頃から宇宙や生命の仕組みに興味を持ち、生物学や化学をはじめとする生命科学を修める。大学では分子生物学を研究。

オーガニック食品商社に勤務したのち、地球一周の船旅「Peace Boat」に乗船。
WWOOF Japan(World Wide Opportunities on Organic Farms Japan)のメンバーとして有機・自然農業や自然療法を実践するホスト先での共同生活を体験。
持続可能な暮らし環境を整えるパーマカルチャーなど、有機的なつながりや自然循環に寄り添った自給自足暮らしへの関心を高める。

2006年より、自然や植物への興味と自身の健康のためにアロマセラピー(芳香療法)、ハーブ療法、フラワーエッセンス療法をはじめとする自然療法全般の学びと実践に励む。
遺伝子工学研究所での勤務を経て、仏オーガニックアロマ商品輸入代行会社に入社し営業販売や顧客管理等に従事。

2009年、自然療法スクール「ナチュラルレメディスクール フランフルール」を開校。
同年の長男の出産を機に、母と子の自然療法の体験をもとにオリジナル講座を始める。
個人向けコンサルテーション、イベント企画、執筆活動も開始。

2013年より日本ホリスティック医学協会、医師や各種療法家による地域グループに所属。医療機関併設スペースにて講座を開催。

家庭におけるホリスティック・ヘルスケアとしての自然療法の普及を志し、ホリスティック医学、哲学、心理学、生理学、健康学など様々な分野を合わせながらさらに探求を続けている。

四季に寄り添った手作り暮らしを日々楽しむ。
キャンプ、登山、スキーなどのネイチャーアクティビティと、読書を愛好。
名古屋市出身、横浜市在住。

 

【所属】

・NPO法人日本ホリスティック医学協会
・NPO法人日本メディカルハーブ協会
・英国バッチ財団(The Bach Centre)

 

ACTIVITY HISTORY

MY WORKS

講座・ワークショップ
コンサルテーション
ライティング
イベント企画

WEB MEDIA