「魂の植物」とエリクシル・ヴェジェタル

毎月恒例「魂の植物」読書会に参加しました。

薬学博士の村上志緒さんの主宰する植物療法ラボであるトトラボさんにて。

バッチ国際プラクティショナーとして、私の先輩でもある京ヶ島弥生さんのファシリテートのもと、約2年間に渡ってこの一冊の本をようやく読み終えつつあります。

 

「魂の植物」は、バッチフラワーレメディについての専門書で、ケルト民族の歴史や文化、古代ローマの神話、アントロポゾフィー(シュタイナー哲学)、錬金術、植物形態学、占星術などの視点から、バッチフラワーレメディについて新しい洞察を持とう、というとても興味深い内容です。

それらの素養がないとなかなか理解が難しい本であると同時に、複数の人数で集まって読み進めながら解釈を深めていくことのできる読み応えのある本です。

 

この読書会の特徴は、個々のインスピレーションや体験に紐付いた発言が自由にできる場なので、話の脱線が多いことです(笑)。

でも、だからこそ楽しいのです。

皆さんの思考や知識をお借りしながら、自分の中で考えを整理したり、結びつけたりすることが私にとって大変有意義なことだからです。

 

今回の読書会では、レメディの一つである「ハニーサックル」の章を読みました。

忍冬(ニンドウ)酒といって、ハニーサックル(=スイカズラ)の花をアルコールに漬け込んだ薬酒があるよね、という話になりました。

そこで、登場したのが「エリクシル・ヴェジェタル」。

志緒さんが、たまたまそこにあった木製の入れ物に入った瓶を持ってきて、「飲んでみる?」と皆んなに分けてくださいました。

 

 

美しいオリーブ色に、スパイシー&グリーンな芳香。

そして、ひとくち目を口にすると、思わず声を上げてしまうほど驚きました。

なんとアルコール度数71でした!!

 

フランスのシャルトリューズ修道院に伝わる秘伝のレシピにより製造されたリキュールで、130以上のハーブを調合しているそうです。

それを知ってますます好きになりました。

 

会の冒頭では、生と死と魂、輪廻コースと転生コースの違いなどについて弥生さんからのシェアがあり、そしてこの「エリクシル・ヴェジェタル」。

このハーブリキュールを味わいながら、今を生きよう、自信を持って死を迎えよう、とふと思うのでした。