【自分の生きる手助けになる】フラワーエッセンス講座のご感想

心療内科の併設ペースにて開催しました「フラワーエッセンス・ベーシックコース」のご感想をいただきましたのでご紹介します。

 

フラワーエッセンスは、アロマのように香りがあるわけではなく、使ってみて理解できるところが多いものです。

実践者からの体験談がフラワーエッセンスの理解につながると思います。
今日の記事は、講座のご感想を通してフラワーエッセンスについて情報発信したいと思います。

それでは以下、ご感想です。
(掲載についてご本人の了承を得ています)

 

深いトラウマを持ち苦しんでいる私に、親身になって優しい温かい心で接して頂いて、ありがとうございました。

先生からだけでなく、たくさんの人の優しさや温かさに気づき、私自身が本来持っている心の回復力や自由さや温かさを取り戻し、生きる事が楽になりました。

まだベーシックコースではありますが、私にとって人生の変革期に、フラワーエッセンスを学ぶ事は自分の生きる手助けになりました。

秋山先生とフラワーエッセンスとの出会いに、とても感謝しております。
ありがとうございます。

フラワーエッセンスとの出会いは、心療内科クリニックでした。
昨年9月末から飲み始めましたが、最初は効果が出ているにも関わらず、インターネットからのマイナスなイメージに振り回され、信じられなくなったりしました。

今では「こんなに苦しんでいた私を救ってくれたフラワーエッセンスを、私のような病気で苦しんでいる人の為に役に立てられるようになりたい」と思い始めています。

(中略)

今まで苦しんで生きてきていた私が、自分が何に苦しんでいる事も分からずにいた事に気付き、治療とフラワーエッセンスの相乗効果で、こんなにも楽に生きていけるとは思いもしませんでした。

PTSDにフラワーエッセンスが非常に効果があるとクリニックの先生がおっしゃっていましたが、自分の子供達や、アダルトチルドレンと診断されている夫にも非常に効果が表れており、自分以外の人に作る場合は、一回目に選ぶエッセンスよりも、回を重ねる事でより効果的なセレクトになるのが不思議な体験でした。

秋山先生の穏やかな雰囲気が、フラワーエッセンスの優しい効果ともマッチしていて、きっと講師の方とも相性みたいな物もあるのかな、と感じております。

 

*心療内科「こころとからだ光のクリニック」では、精神科医の白川先生のご指導のもとに、クライアントへフラワーエッセンスとその情報提供が行われています。
*PTSD:Post Traumatic Stress Disorder 心的外傷後ストレス障害
*フラワーエッセンスは医薬品ではありません。

 

フラワーエッセンスは、日常の小さなストレスから、人生における大きなストレスまで、あらゆるレベルでの心の不調に用いることができます。

フラワーエッセンス講座の受講生さまは、回を重ねるごとにお顔がキレイになっていきます。
ご感想をくださったこの方は、目の前が明るくなったような表情に変化されていたことがとても印象的でした。

 

フラワーエッセンスを必要とする多くの人に届けるため、私もこの活動を続けていきたいと思っています。