春の七草

食で健康を整えることのできる台所のレメディの代表が七草です。

春の七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。

寒の季節に入り、1月7日は五節句の最初の節句である「人日」。 江戸時代までは桃や端午の節句と並んで重要な年中行事の節日とされていたそうです。 現代では七草粥を食べて邪気を祓う風習が残っています。また七草粥はお正月のおせち料理やお寿司などのご馳走が続いたあと、胃腸を休めたり消化を助けたりするのにちょうど良い食事なのです。


本当は天然の菜っ葉を摘みたいところですが、新暦である1月7日の野原には見当たりません。 というのも、本来は旧暦の1月7日(新暦の2月中旬)に行う季節の行事だからです。 その頃は立春の時候なので、初春の野に摘むことができるとのこと。


そんなわけで、お正月明けの七草はお店で購入します。
七草粥を上手に作るコツは、おかゆを蒸らす時になってから七草をさっと入れること。 美しい緑色を目でいただきます。


ハレの日とケの日のメリハリをつけることが、暮らしを楽しむ極意。 ハレの日を楽しむために、そしてケの日を楽しむために、日々を紡いでいきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました