ドイツのアロマブランド「PRIMAVERA(プリマヴェーラ)」#01 精油の香りの魅力に導かれて

ナチュラル・ヘルスケアにおいて、精油(エッセンシャルオイル)は中心的なアイテムです。

ヘルスケアとしてのアロマセラピーを実践するならば、良質な精油を選びたいもの。けれども精油には数多くのブランド(精油メーカー)があり、どれを選ぼうか迷ってしまうほどです。

様々なブランドがあるなか、私のお気に入りの一つが「PRIMAVERA(プリマヴェーラ)」です。選んだ理由は、その奥深い香りの魅力でした。

母と子の健やかさのためのアロマセラピー

息子を授かったことをきっかけに、私の人生に「母と子のためのナチュラルセルフケア」という大きなテーマが流れてきました。息子と一緒に暮らすようになってからというもの、「この子の心とからだを健やかに育てたい」という想いが日に日に重なっていきました。

子どもが元来に持っている生命力を守るには?
健やかさの土台となるからだをしっかりつくるには?
たとえ病気になっても自ら癒える力を養うには?

子どものための自然療法を夢中になって学ぶなか、アロマセラピーをヘルスケアとして本格的に実践するようになりました。それまでは手作りコスメなどナチュラルライフの選択肢としてのアロマセラピーを楽しむ程度でした。

また母親である私自身の心やからだの状態こそ、子どもの心とからだの状態に大きく影響することを思い知りました。子どものケア以前に、まずは母親である自分自身のケアをすることが大切だと。

プリマヴェーラの香りに出会ったのは、そんな風に日々を過ごしているときでした。

香りに感じた、静かな衝動

目星をつけたブランドの精油を買い集め、香りを嗅ぎ比べてみる。。

そのなかでプリマヴェーラの精油の香りは、明らかに他のものと違う何かを強く感じました。高いバイブレーション、大地と植物の生命力のようなもの。私のなかの根幹にふわっと触れて、内側にある野生を喚起されるような感覚がしたのです。

その衝動のままに都内にあるプリマヴェーラの本社へ向かい、もう一度香りを確かめに行きました。スタッフさんからお話を伺い、その香り高い精油の秘密に納得。ブランドの哲学に共感し、原料となる植物の栽培方法へのこだわりと品質にも信頼感を抱きました。

幸福感をもたらし、心とからだと魂に響く香り。知らなかった世界の扉が開いたような感覚。

私の求める感覚にぴったりの、そして子どもとの暮らしの日々にふさわしい香りを見つけた!と嬉しくなったのをよく覚えています。

(主宰する自然療法スクールのアロマクラスでもプリマヴェーラの精油を使用しています)

精油選びは感覚を頼りにする

モノや情報が溢れる世の中、自分自身の感覚で選ぶことがより一層大切に思います。精油を選ぶことは、それを試される機会でもあるのです。

その時の心とからだが求めるものを選び取る。それが最もふさわしい香りではないでしょうか。

自然とつながり、植物のエネルギーを感じたい。心身の健やかさを大切にしたライフスタイルをつくりたい。

プリマヴェーラの精油の奥深い香りは、そんな望みを持つ人の感覚に鋭く届くのかもしれません。

PRIMAVERA プリマヴェーラ ブランドサイト

PRIMAVERA プリマヴェーラ ブランドサイト(JP)

PRIMAVERA プリマヴェーラ ブランドサイト(EN)

おすすめの記事

タイトルとURLをコピーしました