ハーブ

ハーブつながり

良質なハーブや精油(エッセンシャルオイル)の選び方

ハーブ療法(メディカルハーブ)やアロマセラピーをヘルスケアを目的として実践するならば、質の良いハーブや精油(エッセンシャルオイル)を用いることが必須です。さまざまなハーブ・アロマブランドがありますが、どのように選んだらよいのでしょうか。それは私たち使い手の感覚と、作り手の意識によって見極めることができます。
メディカルハーブ

ハーブの効果を最大にする美味しいハーブティーの淹れ方

美味しいハーブティーとは、味覚的に好ましいだけではありません。心身に安らぎを与え、元気を取り戻し、日常的な幸福感をもたらす飲み物である"ヒーリングドリンク"です。ハーブティーを美味しくする工夫とは、感覚を研ぎ澄ましながら丁寧に淹れてそれをじっくり味わうことです。
メディカルハーブ

心とからだを整えるハーブティーとは?その特徴と効果 

ハーブティーとはハーブの有効成分を含んだ飲みものですが、単なる健康的な飲料にとどまりません。ハーブティーを飲むことは、すべての感覚を開き、自然治癒力を高めるきっかけになります。そして、心のゆとりのための"お茶の時間"としての効用もハーブティーの大きな魅力です。
ファーストエイド

家庭に常備しておきたいハーブ、精油、フラワーエッセンスのリスト

自分の健康は自分で守る 自分の健康は自分で守る。小さい頃からそう自分に言い聞かせて生きてきたように思います。 そしてより少なく心豊かに生きたいと願う私がいつも選ぶのは、ハーブのレメディたちです。 ハーブは、私にとって常に...
薬草

ガーリック(ニンニク)

ニンニク人生 NO GARLIC NO LIFE. ニンニクのない人生など想像がつきません。 それくらい私はニンニクが好きです。辛みのあるスパイスとしてはもちろん、自然薬としてからだを良い状態に保つ食べ物だと実感しているからです。毎...
風邪予防とセルフケア

ウイルス感染予防のためのセルフケア

昨年末から始まった新型コロナウイルスの感染は、現在世界中に拡大しているようです。新型ということで特徴はあるものの、感染の予防は基本的に一般的な風邪の予防と同じだと考え、改めてライフスタイルやセルフケアを見直しています。 ところで、私...
風邪予防とセルフケア

風邪の予防とケアに「エキナセアシロップ」

今日も寒い一日です。 インフルエンザが流行しているようです。我が家ではジュニア(10才)から学校での流行の具合を聴いています。 子どもが風邪にかかるのは決して悪いことではないと思っています。むしろ健全です。けれども、特にインフ...
薬草

ジンジャー(ショウガ) 

ショウガは私たち東洋人にとって欠かせない食材の一つです。いろいろな料理の薬味にはもちろん、カレーや鍋ものにも細かく刻んだショウガをたっぷり入れたくなります。 ショウガはスパイスとしての美味しさだけでなく、薬効のあるからだに良い食べ物...
ホリスティックヘルス

心にストレスを感じるときのセルフケア「植物療法ネットワーク・ケーススタディ」レポート

先日、日本ホリスティック医学協会主催の特別企画「ケーススタディから考える植物療法によるホリスティックなアプローチ」が開催されました。 メディカルハーブ、アロマセラピー、フラワーエッセンス療法、園芸療法、森林療法など、植物療法の各分野...
ハーブレメディ

カレンデュラのリップクリーム

今日から11月。 これから空気が乾燥する季節です。 うちのジュニア(9つの男の子)の口の周りを見ると、少し赤くなって荒れている様子。 そして唇をぺろぺろ舐める仕草。。 常備している自家製カレンデュラクリームを塗ってあげようと...
ハーブつながり

ナチュラルライフ旅 アロマセラピー編 ニールズヤードレメディーズ表参道店(東京)

英国ロンドン発のナチュラルアポセカリー(自然薬局店)「ニールズヤードレメディーズ」。 十数年前、私がアロマセラピーに出会い学び始めた時からご縁のあるアロマブランドです。 先日、都内にあるニールズヤードレメディーズ表参道店へ行ってきま...
ハーブつながり

「魂の植物」とエリクシル・ヴェジェタル

毎月恒例「魂の植物」読書会に参加しました。 薬学博士の村上志緒さんの主宰する植物療法ラボであるトトラボさんにて。 バッチ国際プラクティショナーとして、私の先輩でもある京ヶ島弥生さんのファシリテートのもと、約2年間に渡ってこの一冊の本をよ...
母と子の自然療法

子どもと一緒にカモミールのお風呂

朝夕、日に日に寒くなってきました。 ふと、カモミールのハーブバスにゆっくり入ろうと思い立ち、ハーブレメディを作りました。 ガーゼにたっぷりのカモミールを包んで。 「いいにお〜い♪」 ...
タイトルとURLをコピーしました